ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


環がホスト部に来なくなり、みんなの前に姿を現さなくなった。
しかも、エクレールの相手をしたことで、ハルヒの借金が全てチャラになった。
エクレールが言うように環の彼女ではないかもしれないけれど、ハルヒ環にとって関係のない人間ではないと断言してましたね。
ハルヒだけではなく、鏡夜・ハニー先輩・モリ先輩・馨・光も環のことを思ってるんじゃないでしょうかね。
ホスト部の絆って、そんなモノじゃないよ。うん。

携帯電話でさえ連絡が繋がらなくなり、桜蘭祭が終了次第環がエクレールと一緒にフランスに行くということを聞くホスト部の面々。
だのに、祭りも終わらないのに車に乗って出る環を発見。
行かせてはならないと環を追いかけることに。
鏡夜とハニー先輩、モリ先輩は鳳家の警備隊を足止めし、馨と光、ハルヒはモリ先輩が調達をした馬車で出発する。
途中、光が馬車から落ちてしまい馨が助けに駆け寄る。
ハルヒ父が言っていたことを思い出し、いつもクールだったハルヒはなりふり構わず環を追いかけます。

環は本当に、自分が要らない存在・・・皆に無理をさせていたと思っていたんでしょうかね。
冗談か本気かくらい、分かれってハルヒじゃなくても言いたくなりますよ。苦笑
ハルヒが環にみんなのところに戻りましょうと手を差し伸べたとき、ドレスを着てたけれど王子様のようでしたねぇ。凛々しかったです。
環が姫のようでした(錯覚?/苦笑)
馬車のバランスが崩れハルヒが川に落ちていくと、環はエクレールを振りきってハルヒを助けに行きます。カッコいいです、環。
環×ハルヒですな・・・・。笑
ラストのダンスのシーンで、ハルヒがホスト部のみんなと踊ってました。
ハニー先輩、回りすぎですから。
モリ先輩と馨とはきちんと踊れてるのに、何で光の足を踏んじゃいますか。苦笑
環がハルヒと踊ろうとしているところを、鏡夜が割ってはいり・・・環の慌て動揺っぷりがまたいいですね。
そして、ラスト・・・環が締めくくると。

環父と鏡夜父・・・仲良し?なのか・・・謎です。
でも、交流というか繋がりは少なからずあるみたいですな。
まぁ・・・仕事柄もだけれど、息子が繋がってたら接点はあるか。
今回のことでか、もともとかは不明だけれど、2人ともハルヒのことを気に入ったよう。
うちの嫁にって・・・気が早ぇって。
環父は気に入ってたの知ってたけれど、鏡夜父は気がつかなかった。
見抜けないって、あんな無表情じゃ。
つか、環のところは、ばーちゃんが許さないんじゃないの?

今回で最終回で、寂しいですね。
もっと見たかったなぁ。

 


桜蘭高校ホスト部 Vol.9 桜蘭高校ホスト部 Vol.9
葉鳥ビスコ、 他 (2007/03/21)
バップ

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

原作とは違う話の進まり具合でしたねぇ。
エクレールという婚約者も登場するしなぁ。ビックリだ。

環パパも登場してて。
井上さんが声を担当されて、なかなかイイ具合なんじゃないですか?
やっぱり親子なのか、ハルヒに興味バリバリで・・・親子で取り合いになりかねないかもね。
まづまづ、見たところ鏡夜パパよりは、人間的に出来てる人のよう。
茶目っ気はたっぷりある人みたいですね。
環のばーちゃんも登場。
クソババァだな・・・いろいろな面で。
政略結婚でもさせようってことで、エクレールを連れてきたっぽい。
つか、連れてきたんだな。
まぁ環はばーちゃんの言うことに従って、エクレールをエスコートしてますが。
ん~なんだか取引してたね、2人で。
何を引き合いに出されたものか・・・ママ?ホスト部のみんな?
どちらかかもしれないし、両方かもしれないねぇ。

来週で最終回だって。
もっと、見たかったなぁ。
まぁ・・・無理なのはわかってますけどね。

 


桜蘭高校ホスト部 Vol.9 桜蘭高校ホスト部 Vol.9
葉鳥ビスコ、 他 (2007/03/21)
バップ

この商品の詳細を見る



ホスト部では、コタツが並んでいる。
桜蘭高校の生徒にとっては珍しいので環が企画したものらしい。
ぶっちゃけ、庶民の家具だもんね。苦笑
ハルヒにとっては、コタツは日常的なモノなので、不思議でたまらないんだろうなぁ。
で、前から疑問に思っていたことを鏡夜に聞く。
ホスト部を立ち上げたのは環と鏡夜だけれど、どうして一緒に環と立ち上げたのかと。
鏡夜のイメージとして、こういったホスト部の活動をすることと真逆にいる人間だと思うからじゃないかなと。
ハルヒは視聴者サイドの視点なんだろうね。

さて、遡るのは2年前。
中3の頃、環が編入してきたことから始まる。
クラスメートとも、一線を画してる感じ。
須王家と関係を持つことが鳳家にとってプラスになるからというので環と仲良くすることに。
それが、自分のためにも鳳家のためにもなるからと、計算の上のことだった。
環を自分のペースに巻き込んで、自分の思うようにしようとしたものの逆に振り回される始末。
コタツに入りたいだの、京都に行きたいだの、五稜郭に行きたいだの、シーサーに会いたいだの・・・言いたい放題。苦笑
しかも、京都に全部あると思ってるおバカ 環。
イヤイヤながらも環の要望に答えて、今度こそ完璧にガイドをして環をぎゃふん(とまでもいかないかもしれないけど)と言わせたいと思い、学校に持っていくと、テスト中だから今度遊んでやるみたいなことを言われ・・・。苦笑
ある意味、不憫・・・鏡夜。
家に帰って怒りを全面に出してましたねぇ。
環と出会ってから、感情が表に出るようになったのだからイイことなのかもと、勝手に思ったりして。

環と出かけない休日のある日、鏡夜が家に戻ると環が来ていて。
鏡夜が考えていたこととかを指摘されおバカだと思っていた環に図星を指摘された瞬間、鏡夜の素 ダークな部分が出て・・・。
この日を境に、環と鏡夜の関係というか今現在の関係に成り立ったんじゃないかなと。
鏡夜は自覚してないのかもしれないけど、環を本当の意味での友達だと思ったのでわ?と。
環と一緒だったら、突拍子もない、枠から外れたことをできるんじゃないかと思ったから、一緒にホスト部を立ち上げたんじゃないかなと思いましたねぇ。

鏡夜好き・環好きが更に増したような、気がします。笑

あ、鏡夜姉・・・素敵キャラです。
あのマイペースっぷりは、最強なんじゃないでしょうか。
あのおねーサンだから、環とも何気に会うのかも。(ぷっ)


桜蘭高校ホスト部 Vol.9 桜蘭高校ホスト部 Vol.9
葉鳥ビスコ、 他 (2007/03/21)
バップ

この商品の詳細を見る



ブラックハニー降臨。
ブラック鏡夜降臨。
話し合いじゃないよ、アレは絶対脅迫だ~怖いよ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

ボサノバくん・・・花占いで「好き」「大好き」はないだろうて・・・。
選択肢、1コだもん。

萌えの炎をなめんなよ!て・・・。苦笑
確かに見た目は美少年との絡みだけれどもね。
ボサノバくん、何気に勘違いをされてるような。
まぁ・・・怖がられてはいないんで、むしろ友、同士と思われてる(後半は)らしいので、カレ的にはオッケーか?

環って、正真正銘のおバカなのか?
ん~おバカなんだろうね。
ハルヒとボサノバくんが仲良く話してるのを見て、かなり動揺をしてるんだけれど、異性としてではなく娘が離れていくようで・・・らしい。
それって、最初からおかしいよな~。
恋愛感情とか、そういうことには全く疎いから父親ポジションなのだろうね。
家族設定というのも、皆の関係を壊さないためという馨の分析も、微妙に違ってったようで。
環がハルヒに対して、恋愛感情だと自覚したらどうなることやら・・・。

 

桜蘭高校ホスト部 Vol.8 桜蘭高校ホスト部 Vol.8
葉鳥ビスコ、 他 (2007/02/21)
バップ

この商品の詳細を見る



ショックーーーOTL

予約していたはずが、録画できてなかった。
ボサノバくん~(泣)
DVDで、見るしかないのかぁ・・・。

でも、見たかったなーー(しつこい)



追記:月亮サマのおかげで見られることができました。
ホントDVDまで待つ気持ちになってましたので・・・。
月亮サマ、ありがとうございました~♪

感想は奥のほうへ~

 

桜蘭高校ホスト部 Vol.8 桜蘭高校ホスト部 Vol.8
葉鳥ビスコ、 他 (2007/02/21)
バップ

この商品の詳細を見る



ハローウィンのイベントで、しかもクラスイベントで肝試しをすることに。
だので、しばらくホスト部には来られないって言ったら・・・。苦笑
ウチの子ふしだらって、何ですか。失笑
クラス行事に参加するだろうて、普通ね。
環、何をダダこねてるんだか。
ま、今に始まった訳ではないですけれど。

いんちょーはハルヒにどうして気がついてくれなかったのかと言ってましたが。
ハルヒにそういうことを求めてはダメでしょう。
無理だもの。苦笑

当日、双子ズ・ハルヒ・いんちょーチームで肝試しを参加。
とりあえずのところ、怖がらせる側で待機。
いんちょーとふくいんちょーのためにひと肌脱ぎたかったから肝試しにしたんだと、双子ズは言ってましたがホントかよ。
疑わしいけれど、そういうことにしておこう。笑
ハルヒたちが怖がらせる側なのに、いろんなことが起きて。
まぁ、ホスト部(環・ハニー先輩・モリ先輩)と猫澤先輩の仕業さったんだけれど。
猫澤先輩プロデュースじゃ、本場本格的だもの怖い筈です。苦笑

馨が哲学的なことを考えてましたね・・・。
ホスト部の中で家族という役割をしてるカボチャの馬車に乗ってると、自分達は。
その家族が崩れたらどうなるだろう、そして、光がハルヒに特別な感情を抱いたら、自分との関係はどうなるんだろうと。
まぁ・・・光の場合は、馨にまだべったりだったんでどうこうなるっていうわけでもなさそうですが。

 

桜蘭高校ホスト部 Vol.8 桜蘭高校ホスト部 Vol.8
葉鳥ビスコ、 他 (2007/02/21)
バップ

この商品の詳細を見る



このお話が、アニメで見られるとわ。
ちびっこ双子が、可愛かったです~(萌)

お話の内容的には、結構真面目というかシリアスなんですけれど。

今も若干その片鱗を垣間見せてますが、他人と関わるのがイヤで2人の世界が大事という感じの双子ズ。
女の子に告白されても・・・ちょっと酷いのではないか?と思う仕打ちも。
そんな時、コンタクトを取ってきた人物が現れた。ホスト部部長 環。
ホスト部に勧誘するために、どちらが光と馨かを当てるゲームをすることになる。
環のおバカさん加減に辟易してた2人だったけれど、だんだんほだされたというか・・・一緒にいてもいいかなと思いはじめ、結局ホスト部に入ることに。
それと、ハルヒの存在かな。
いとも簡単に2人の見分けがつく・・・今までにはいなかった存在。
2人とって新鮮で興味深い相手かもしれないですよね。

 

 

桜蘭高校ホスト部 Vol.7 桜蘭高校ホスト部 Vol.7
葉鳥ビスコ、 他 (2007/01/24)
バップ

この商品の詳細を見る




| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 日だまりBLOG, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。